リボルトチェアの続き、ではありません。
 書けよ と言われそうですが、すみません。ちょっと脱線させてください。


突然ですがNO AGEのような商品を扱っているお店って、入りづらくないですか?笑
お前が言うなよと、言いたくなりますが自分もヴィンテージショップなど行くときは、やっぱりちょっと緊張します。僕もその類です。笑
結局他のお店さんにいっても、最初緊張しますがなんとなくお話はできるようになって帰ることが多いのですが。

NO AGEに来てくださるお客さんも様々。
皆さん共通して来ていただいている理由は、「興味」なんではないでしょうか。
興味を示していただいて本当に嬉しいです。

僕はその「興味」が一番大事なように感じています。
「知識」よりも。

「興味」の後に「知識」が付けばまた何倍にも愛着がわくと思います。
ただでさえ、興味だけで来店するにも行きづらい場所です。

大型量販店などの家具についてどう思うか?と聞かれることが良くあります。
大量消費については好ましくない部分がありますが、インテリアやデザインなどの興味の入り口としては良い側面もあると思います。
物質と情報にあふれている時代だからこそ、自分たちの手でその情報を編集していくことが重要に感じています。
ヴィンテージのもの、イケアのも、混ざり合った部屋でもその方の編集した結果であればそれはその人らしさなのではないでしょうか。
またそこから生まれるマインドもあると思います。

「使い捨て」は嫌ですけどね!


結局、またうまく言えていない。今回も。


Posted by:noage

owner.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です