前回に続きFriso Kramerの代表作、Revolt Chairについてのお話です。
今回はRevolt Chairが、どの様に誕生したかを紐解いていきたいと思います。

まず初めに、Revolt Chairが生まれた1950年代ミッドセンチュリー期では何が起こっていたかというと―――
先の大戦によってもたらされた技術革新や、新素材を次々に家具デザインへと応用していったという背景があります。

皮肉にもより強く、より生産性の高い工法や素材が世界大戦によって生まれた時代であり、終戦後その技術は民間へと広まり多くの革新的な家具が生まれた時期でもあります。

もちろん戦争は肯定できませんが、この時代の家具たちにはこんなバックグラウンドがあったりするのです。終戦後、平和的に利用された新技術は、デザイナーたちの想像力を搔き立て、発想を具現化していきました。

特に有名なイームズ夫妻がデザインしたシェルチェアに使われる、FRP(ガラス繊維強化プラスチック)や積層合板なども大戦当時は軽くて丈夫かつ、曲面を作りやすいことから戦闘機などで使用されていた素材でした。


Friso Kramer Work Stool
アールを描くプライウッド(Friso Kramer Work Stool)




すこし前置きが長くなりましたが、このようにRevolt Chairにも当時では画期的な技術が使われいます。それは、シートスチール(鋼板)をU字に曲げた素材の応用でした。

クラマーは当時主流であった曲げパイプに変わる素材・工法の実験を行っていました。1950年代には既に曲げパイプを使ったPKチェアのデザインで成功を収めていた彼ですが、より丈夫でより軽い素材の開発に情熱を注いでいました。


曲げられた中空のスチールフレーム



当時曲げパイプを使った家具が多く溢れ、新たな素材を使った家具の生産を求められていたという商業的な理由もありますが、結果的にもU字のシートスチールは多くの利点がありました。それは、U字型に曲げられたスチールは、曲げを施されていないスチールより耐圧性が高く、全体に均等な厚さが要らず最大の力を受ける部分のみを厚くすることでコストカットと軽量化を実現できた点など様々です。

そのため、線の細い部分・太い部分の表現も可能となりより流線的で、有機的なデザインが可能となりました。それでいて、軽くて丈夫。それはクラマーの理想とする、すべての人に使いやすいデザインを可能とするものでした。


美しい曲線を描くRevolt Chairのアーム



このフレームは後の有名なResult Chairへ転用されていき、またオランダ国内の別メーカーにも大きな影響を与えました。この曲げた鋼鉄を使うデザインにおいてはフランスのデザイナー Jean Prouvé (ジャン・プルーヴェ)との関係性もご紹介したいのですがそれはまた、番外編ということで別記事にしようかと思っています。

さてさて、まだまだこのフレームのみでは彼の理想とする椅子は完成しません。
このフレームを最大限に生かせる座面をデザインする必要があったのです。
今回はフレーム編ということで、次回は座面にまつわるお話をご紹介したいと思います。それでは。

NO.1
Revolt ChairとFriso Kramer_1はこちらより↓
https://www.noage-jp.com/2019/08/27/revolt-chair%e3%81%a8friso-kramer_1/

NO.3
Revolt ChairとFriso Kramer_3はこちらより↓
https://www.noage-jp.com/2019/10/01/revolt-chair%e3%81%a8friso-kramer_3/

今回紹介しているRevolt Chair はNO AGE WEB SHOPでもお求めいただけます。是非ご覧ください。
https://noage.theshop.jp/items/22810712







References
Yvonne Brentjens , De stole van Friso Kramer ,Rotterdam:naio10 uitgevers,2012
Friso Kramer
[https://nl.wikipedia.org/wiki/Friso_Kramer ] (最終検索日 : 2019 年 8 月 27 日)
Piet Kramer
[https://nl.wikipedia.org/wiki/Piet_Kramer] (最終検索日 : 2019 年 8 月 27 日)
In Memoriam | Friso Kramer
https://www.ahrend.com/en/about-us/news-overview/articles/news/2018/friso-kramer-passed-away-at-the-age-of-96/ ]
(最終検索日 : 2019 年 8 月 27 日)

Posted by:noage

owner.

2 thoughts on “ Revolt ChairとFriso Kramer_2 ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です